ピルを服用されたことのない女性も多いでしょうが、女性にとっては大変便利なお薬となっています。また、ピルを正しく使えば100%の避妊効果ができます。ではピルの役割について説明していきます。

ピルの子宮に対する作用と副作用によるしびれについて

ピルは子宮を妊娠している状態にすることで受精を阻害することができるのですが、使用方法が特殊なので婦人科などを受診して婦人科医などのレクチャーを受けてから服用を始めないと飲み忘れのときの対処などを知らないまま服用して避妊に失敗してしまう可能性もあります。世界的に普及しているのは低用量ピルで、少しずつ女性ホルモンを補充するので21日間服用しないと避妊効果がなくなってしまいます。飲み忘れを防ぐために毎日服用するタイプの薬も販売されていますが、21錠にピルの成分が含まれていて、あとの7錠は偽薬となっています。飲み忘れると子宮の状態が生理の時のようになるので、不正出血を起こすことが多く、また腰痛なども起きるので飲み忘れた場合には24時間以内に2錠を服用しなければなりません。子宮が妊娠している状態になるので、避妊率は非常に高いのですが、服用方法を間違えると避妊率が低下するので注意が必要です。ピルを服用していてしびれの症状が出た場合には、血栓症の可能性がありますが、初期症状としてふくらはぎの痛みや腕や脚などの左右どちらかのしびれがあるので、それ以外の場合は血栓症ではなく、貧血によるしびれが多いとされています。貧血になると血流が悪くなるので痛みを感じさせる物質の排出ができないので頭痛や肩こり、腰痛などを起こしやすくなりますが、手や足の先の部分のしびれも起きることがあります。ピルは血栓症のリスクが高まりますが、これは妊娠状態になるのが原因で、リスクは妊婦と同程度とされていますが、長期間服用する場合には飲み忘れや自己判断による服用の中止などに注意をしなければなりません。血栓症のリスクを下げるためには初期症状をしっかりと把握しておくことが大切です。