ピルを服用されたことのない女性も多いでしょうが、女性にとっては大変便利なお薬となっています。また、ピルを正しく使えば100%の避妊効果ができます。ではピルの役割について説明していきます。

ピルと解任と症状について

ピルは、月経困難症、または子宮内膜症などを治すために、治療を行うために使われるものです。

また上記の月経困難症や子宮内膜症を改善するために使われるだけでなく、40代の女性の多くの方が苦しめられている更年期障害を治すためのものとしても、使用がされています。

よく、ピルは妊娠を望まない方、妊娠を望まないご夫婦など、お子さんを望まない方が使うイメージがありますが、しかし実態としては、上記のように、月経困難症や子宮内膜症などの症状、または更年期障害などの症状を改善するために、使用がされています。

もちろん、ピルは上記のように、避妊のために使われることもあります。

月経困難症は、とても困難な病気であり、名前の通り、月経期間に、つまり生理の期間に困難な症状が現れるものです。

どのような症状であるのか?というと、酷い吐き気や頭痛、お腹の痛み、それに伴う下痢や逆に便秘、食欲の不振、逆に胃が気持ち悪くなってしまうほど食欲が旺盛になるかと思えば、胃痛で悩まされる人が多く、何も食べられないほど衰弱してしまう方がおられる病気です。

この月経困難症にピルが使用されますが、しかしこれはピルが体に合うか?合わないか?があり、実際にピルを使用して、このような月経困難症が治った方もおられれば、逆に使用して、過呼吸などの症状が出てしまったため、ピルを解任せざるを得ないというケースもあります。

解任をする際には、どのような症状であるのか、今現在、ピルを使用して、どのような状態になってしまったのか?をお医者さんに相談し、それから解任が決定します。

また、他の薬との飲み合わせなどで、解任が決定することもあり、このように個人差によって効果が異なることがあります。